「イテッ」

男はじんわり血が滲む指先を咄嗟に咥えた。

紙は時に鋭利な刃物と化す。

「紙で指を切っちゃうと、地味に痛ぇんだよなぁ」

男はブツブツと呟いた。

それを見た妻が、1枚の紙を手に夫に近づいた。

「紙は指を切るだけじゃない」

「え?」

「縁だって切れるのよ」

妻は離婚届をそっと夫に差し出した。

GuX^ V[gV[giJ