裸のココロ

心が裸になれた時、自然に涙が溢れて来て、目の前の景色がかすんだ。

理由も何も見つからなかったけど、何故か涙が溢れた。

景色が悲しいわけじゃない。

明日がイヤなわけじゃない。

ただ、涙が止まらなかった。

ほんの少し素直になれた気がした。

本音がポロポロこぼれて来た。

止まらないくらいに。

なんとなく楽になろうよ。

なんとなくでイイからさ。

GuX^ V[gV[giJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です