忖度

「誰に許しを得てここで商売してやがる!」

街の片隅でひっそり営む占い師の前に、強面の男が立ちはだかる。

小ぶりなテーブルの脚を男は蹴り上げた。

怯える占い師に男は言う。

「俺のことを占ってくれたら許してやるよ」

占い師は震えながら男の手相を見た。

「近い将来、組織のトップになるお方です……」

GuX^ V[gV[giJ