仮想現実

世間の人たちは僕のことを気味悪がった。

明けても暮れてもVR《仮想現実》のヘッドセットを身につけているからだ。

肌身離さず、朝から晩までずっと。

「そこに何が映ってるんだい?」

興味を持った知人にヘッドセットを覗かせた。

「美しい女性がそばで笑ってる――」

僕は頷き、答えた。

「亡くなった僕の最愛の妻さ」

GuX^ V[gV[giJ