祭り林が聞こえたら

「人間一生忘れたらアカンもんの一つや二つ持っとかなアカンで」

「それは多ければ多いほどイイけど、少なくても誇れるもんやったら全然構わん」

「ツライ時はそれに寄りかかればイイし、楽しい時には隠れとる」

「たったそれだけの存在」

「でも、忘れたらアカンで」

「みんな成長して行くけど」

「今居る自分は、恥ずかしかったあの時の自分の延長上に立ってる」

「もちろんカッコよかったあの日の自分の延長上でもある」

「もっと感謝したろ」

「媚(こ)びる事とはちょっと違う」

「ましてや戻られへん時間に在るものやし」

「戻る事はリスペクトじゃない」

「無心やった頃の自分に誇れる?」

「あいつに誇れる生き方出来てる?」

「たぶん怒るで」

「あん時の自分は」

「褒めたらナルシスト?」

「自分褒めたらナルシスト?」

「みんながそう言うんやったらそれでもイイ」

「ナルシストだろうが何だろうが、おかまいなし」

「頑張ってるから悲しいし」

「頑張ってるから悔しい」

「上手く行けへんのもそのせい」

「欲張りやから傷つくし」

「見栄っ張りやから肩もこる」

「休む事は負ける事じゃないし」

「泣く事が恥ずかしい事でもない」

「泣く時に胸貸してくれるヤツ、よーさん見つけや」

「ホンマはみんな泣きたい」

「いっつも泣いてたい」

「でも、カッコつけて生きたいからそうは行かん」

「苦しい時でも笑ってしまう」

「大声で自分のイイとこ十個ゆってみ」

「なんか恥ずかしいやろ?」

「なんか小声になってしまうやろ?」

「なんでやろ?」

「なんでかな?」

「心の奥ではもう、十個以上もイイとこ見つかってるのに」

「声に出すと照れくさい」

「それが負けず嫌いの証拠」

「それが人間の証明」

「いつか言えるようになる?」

「なってみる」

「気持ちイイで」

「えっ?分かってるって?」

「ヤりたい自分と、ヤれない自分」

「心の中に二人居るようで、でも一人の人間」

「漫才以上に面白いし、落語以上に演技もしてる」

「心の正体あばいたれ」

 

「よく明日があるとか、夢は絶対叶うとか、耳にするやん?」

「でも、そんなん思った事ない」

「明日なんかあるかどうか分からんから楽しいし」

「明日がけーへんかもって思うから今日頑張るやん?」

「夢だってそう」

「叶うか叶えへんか分からんから追い求める」

「初めから叶うん分かってる夢なんか夢じゃないと思えへん?」

「みんな、より所間違ってる思うわ」

「頼りになるんは誰やろな?」

「守ってくれるんは誰やろな?」

「映画とか音楽とか恋人とか、ましてや親友とか」

「そんなんやっぱりアテならへんで」

「今感じてるんは誰かな?」

「自分って言う他人?」

「それは面白い発想」

「結構好きな発想」

「折れへんように、サビやんように」

「ぶっといモンぶち込んだろうぜ」

「せっかく生まれたアンタが一人」

「今ここで苦しんでる」

「だから自然は誰かからのプレゼント」

「あの世では、生を受けるん順番待ち」

「生きやなアカンの誰やろな?」

「運命背負(しょ)ってる責任感、ビシビシ感じや」

「くだらん事、ぎょーさん言ったけど」

「分かって欲しいんはたった一つ」

「でも、あえて言いません」

「だってイジワルやから」

「絶対言いません」

「自分もそれ気づくのに二十分くらいかかってもうた」

「アンタも見つけや」

「良かったらメガネ貸すし」

「観やすなったらはよ見つけ」

「ちっちゃいちっちゃいプライド見っけ♪」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>