成長

久しぶりに故郷へ帰ってきた。

「懐かしいなぁ」

当時通っていた母校もよく足を運んだ駄菓子屋も、立ち並ぶ民家さえも、今じゃすっかり小さく見える。

「それだけ大きくなったんだなぁ」しみじみと、男は呟いた。

それにしても――。

通りの向こうから女性の悲鳴が聞こえた。

「きゃあ! 巨人が歩いてきた!」

GuX^ V[gV[giJ