ストーリー

男は敵の一味に囲まれてしまった。

ざっと見渡しても敵は十人以上。

全員がピストルを持っている。

援軍は期待できそうにない。

絶体絶命のピンチだ。

男は空に向かって大声で叫んだ。

「先生! 助けてくれ!」

クルクルとペンを回す作家。

「仕方がないなぁ」

主人公を救うべく、作家はストーリーを書き直した。

GuX^ V[gV[giJ