フードデリバリー

料理を選び注文すれば、宅配で届けられる。

「便利な世の中だなぁ」男は呟く。

しばらくして、インターフォンが鳴った。

男は走って玄関先に。

宅配の青年はやけに大きなバックを背負っている。

バッグを下ろす青年。

中から現れたのはシェフ。

「調理が間に合わなかったので、ご自宅で作らせていただきます」

GuX^ V[gV[giJ