クローン

DNAの採取に成功した男は、博士のクローンを創り出した。

目的は例の研究レポートを奪うため。

クローンなら警備も突破できる。

「よろしく!」

男はクローンの肩を叩いた。

数時間後、戻ってきたクローンは言う。

「どこにレポートを置いたか忘れちゃって」

物忘れの激しい性格までコピーされているとは。

GuX^ V[gV[giJ