おとなしいクラスメイト

3人の少年たちは、ふざけながら下校していた。

向こうにクラスメイトの姿が。

「おい! お前ってほんと影が薄いよなぁ!」

少年たちは叫びながら彼に駆け寄った。

よく見ると、彼の足元に伸びる影が異常に薄かった。

彼はニヤリと笑う。

「なぁ、僕は人間なんかじゃないんだぜ」

少年たちは恐怖で走り去った。

GuX^ V[gV[giJ