ただいま

「ただいま!」

悪びれもせず男は陽気に叫んだ。

「お前サン、また帰ってきたのか?」

「俺がいない間、寂しかったろ?」

「何言ってるんだ、新人の相手で大忙しだぞ」

昔を懐かしみながら男は深呼吸する。

「ここの空気が大好きなんだよ」

男は深々と頭を下げて刑務官に言った。

「再び、お世話になります!」

GuX^ V[gV[giJ