馬券

生きる希望を失った男のもとに死神が現れた。

「一発逆転したいかい?」

死神はニヤリと笑う。

「俺の言う馬に、有り金を全部賭けてみな」

男は死神を信用することにした。

「ただし、小銭だけは残しておけ」

男は目を丸くする。

「もし馬券が外れたら、量販店でロープと首吊り台を買わなきゃならんだろう?」

GuX^ V[gV[giJ