復讐の武器は快感

まさか、こんなことになるなんて思ってもみなかった。私は歯を擦り合わせ、固く目を閉じる。目尻からは涙が垂れる。部長の手がスカートの中から潜り込んできた。ひんやりとした給湯室。ゴツゴツしたガサツな指が、下着に触れ、うごめく。ささくれが繊細な下着の生地を引っ掻いた。最低だ。最悪だ。私は自分の運命を呪った。

きっかけは複数の部署が合同で集まる飲み会だった。
業界の中で最大手の広告代理店。今の会社に入社できたときは心の底から喜んだ。コピーライターの父親に憧れを抱き、広告で世の中を変えるのが夢だった私は、夢に一歩近づくことができて舞い上がっていた。その矢先に告げられたのは、事務部門への配属。別に事務の仕事を嫌っているわけじゃないけれど、自分のやりたいことからはかけ離れたその仕事に、完全に気が滅入っていた。
「たしか、藤堂さん──だったよね」
あの日の飲み会は、他部署との交流目的もあったため、コロコロと席が入れ替わり、気づけば人事部長である塩沢の隣に座っていた。大量にアルコールを摂取し赤らんだ顔。見にくく出っ張った腹。人事部の若手からも疎まれる存在の部長が、私に話しかけてきた。
「はい!」
「事務部の藤堂さんでよかったかな?」
「そうです。私のことなんか、よく覚えてくださってますね」
さすがに感心した。私の勤める会社は、世間一般でいう大企業。社員の人数だってかなりのものだ。にも関わらず、イチ社員の部署と名前を記憶してるなんてすごい。大企業の人事部ともなると管理が行き届いているなぁ──と感心していると、部長は言った。
「藤堂さんって入社当初、クリエイティブ部門を希望してたはずじゃ?」
「あっ──そうです。希望してました!」
人事部の部長とそんな会話ができるなんて願ったり叶ったり。当初は気乗りしなかった飲み会だったけれど、クリエイティブ部門に異動させてもらえるチャンスなんじゃないかと、一気に気分が高揚した。
「クリエイティブ制作部に異動願いを出してあげようか?」
「ホントですか!?」
「企業の人材ってのは適材適所。モチベーション高く仕事をして成果を上げてもらわないと、競合他社との競争に勝てんからなぁ。能力が活かせる部署で活躍してもらわんと」
部長は腹をさすりながら笑った。私は厚かましく思われないように、それでいて熱意を込めた眼差しで、「よろしくお願いしますッ!」と答えた。思えば、あの瞬間が全ての不幸の始まりだった。

塩沢の舌が私の首筋を這う。生暖かい唾液が、私の肌を汚していく。
「菜穂? 俺のこと愛してるか?」
鼻息を荒げながら、塩沢は私に尋ねる。そして私に頷くよう強要する。それがコイツの性癖だ。
塩沢の計らいで制作部に異動になった私は、弱みを握られた罪人のように、塩沢の玩具(おもちゃ)になった。勤務時間中は、塩沢の気まぐれで給湯室に呼び出されては汚された。夜になり酔っ払った塩沢は、何の前触れもなく電話で私を呼び出した。そんな日は、ホテルへの同行を強要され、ベッドの上で辱められた。
塩沢は行為の一部始終をスマートフォンで撮影した。私の醜態も全て。塩沢の奴隷からの解放を乞うとヤツは、「社内に写真をバラ撒いて、クビに追い込むぞ」と脅してきた。
制作部に異動してからというもの、仕事そのものはとても充実していた。莫大な予算がかけられた大規模な広告の仕事にも携わり、抱く夢もどんどん膨らんでいった。ただ、心と身体が汚されるのと引き換えに叶い続けるその夢は、あまりにも皮肉過ぎて、涙する夜は多かった。なんのために生きているのだろうと、脳裏に死がよぎる夜だってたくさんあった。
部屋全体が鏡になったホテルの部屋。どこを見ても、私が私を見つめてくる。自問自答を繰り返す私の様子など気にするわけもなく、塩沢は私の身体を自由に弄ぶ。動物の咆哮のような声を上げながら、酸っぱい汗を垂らし続ける。男は醜い生き物だ。欲にまみれた下等動物だ。男なんて滅びればいいのに。
快感が昇りつめたのか、塩沢は最後の雄叫びを残し、私に覆いかぶさってきた。まるで公衆便所のような臭い。耳元で、「菜穂? 俺のこと愛してるか?」と囁く塩沢。私は、ロボットのように頷いた。

「杉田クン、ちょっと来て」
私はクリエイティブ能力を高く評価され、何度も広告賞を受賞した。周りからもスピード出世だと持てはやされ、20代後半にして管理職のポジションに就いた。そんなある日、新入社員の杉田が、私に好意を寄せているという噂を耳にした。
いくら社内で輝いていたとしても、私の心は既に崩壊していた。夢を追いかける気力も失い、夢を夢だと感じる正常な感覚さえ失っていた。過去に培った能力だけに頼り、惰性で働く日々。そんな腐りきった私の標的になったのが彼だ。なんの標的かって? もちろん、男への復讐。ただそれだけ。
私は彼を給湯室に呼び出した。もちろん、塩沢の呼び出しがない時間。そして、塩沢が情事を持ちかけるのとは別の給湯室に。
彼は給湯室に入るなり私に抱きついてきた。私は彼の手を取り、ブラウスの中に潜り込ませた。そして彼に言う。
「早く言ってよ」
「菜穂サンのこと、愛してます」
私の手が彼にご褒美をあげると、彼は悦びを感じ、膝を震わせた。

私もキミのことを愛してる──と、私は彼を騙していた。そう。塩沢に飼われる私は、杉田を飼うことでストレスを発散していた。塩沢の唾液にまみれた全身を彼に舐めさせたことすらある。さぞかし私の身体は臭かっただろう。ただ、これは復讐だ。男への復讐だ。
社会に出て右も左も分からない杉田を騙すのは少し気が引けたが、男は出世すればみんな似たような顔つきになり、浅ましさがにじみ出る。遅かれ早かれ、誰もが腐りきっていく。それを想像すればするほど、彼にかける情けも薄れていった。
杉田に身体を解放している最中にふと思った。広告で世界を変えると目を輝かせていた私は、どこに消えてしまったんだろう。娘が広告賞をもらったことに、まるで自分のことにように喜んでくれた父が、この姿を見たらどう思うだろう。結局私は、塩沢だろうが杉田だろうが、男から愛撫されるときには泣いている。アホな男どもは、自分の愛撫で私が激しい快感を覚え、涙していると勘違いする。その得意げな表情を見るたびに、背中をナイフで突き刺してやろうかと考えてしまう。
給湯室の情事を終え、私は彼の耳元で囁いた。
「明日の夜、8時にMホテルに来て欲しいの。私は先に行って待ってるから」
杉田は嬉しそうに頷くと、スーツの乱れを整えながら給湯室をあとにした。

「菜穂? 今夜は8時にMホテルだったよな?」
塩沢から連絡が入る。私は、そうです──と答えたあと、少し先に到着する旨を伝えた。さぁ。男たちへの復讐のファンファーレが鳴り響く。胸が高鳴る。私の人生を破壊した運命に復讐だ。
フロントでカードキーを受け取った私はその足で部屋に向かい、ストッパーを使ってドアを薄く開けておいた。
大きく深呼吸する。そして、服をすべて脱ぎ捨てた。むき出しになった肌。高層階から望む夜景が、私の裸体を覗いている。そのまま私は、見るからに高級なベッドに身体を沈ませた。それから数分後、杉田が部屋にやってきた。
「菜穂さーん? いるんですか?」
間接照明の明かりを頼りに、私を探す杉田。ベッドの上で横になっている私を見つけると、小走りで寄ってきたが、裸の私を見て呆然と立ち尽くした。
「どうしたんですか……?」
心配そうな声で杉田が尋ねる。
「今から楽しいことがはじまるの」
思わず声が弾んだ。杉田は困惑した表情を浮かべている。そんな彼の背後で、ストッパーがかかったままのドアが開く音がした。さぁ、全ての終わりがはじまる時間だ。
「菜穂? いるのか?」
私を抱くことを楽しみにする塩沢の声は浮かれている。クローゼットに上着をかけた塩沢は、ベッドのほうに向かってきた。杉田には何が起きているのか理解できないはずだ。そして、塩沢が杉田の存在に気づく。
「なんだぁお前!」
塩沢は激昂した。
「あっ、いや──塩沢部長、違うんです。これにはワケがあって──」
「お前、俺の菜穂と隠れてコソコソ会ってやがるのか?」
塩沢はさらに語気を荒げながら、杉田に殴りかかった。体育会系の杉田は、軽い身のこなしで塩沢の拳をかわすと、「ちょっと待ってください!」と連呼する。いっさい耳を貸さない塩沢は、さらに殴りかかろうとする。杉田は塩沢を制しながら、「僕は藤堂さんと付き合ってるんです!」と主張する。塩沢は高笑いしながら、「バカなことを言うな! 菜穂は俺の女だ! 俺のペットだ! 俺の言うことに逆らう権利すら持たない奴隷なんだぞ!」と叫んだ。
醜い。あまりにも醜い。男の欲はどこまでも下劣だ。金、名誉、地位、女。男が求めるものはすべて汚れきっている。下品で低俗で品がない。目も当てられない。付き合っているだけ時間の無駄だ。さて、そろそろ鉄拳制裁といきますか。
ベッドから身体を起こし、その場に立ち上がる。凛とした姿勢で立ちながら、二人を指差し手招きする。そして私はヤツらに叫んだ。
「私を気持ちよくしろッ!」

渋谷の巨大なショッピングモールの壁面に、私が手掛けた広告が掲示された。そこには巨大な文字で、〈ワタシを気持ちよくしろッ!〉と書かれている。もちろん、私が書いたキャッチコピーだ。いや、私の憎悪が生んだメッセージだな。
女性の権利が主張される昨今、むしろ女のほうが男よりも強くなった。男が主体となり動かしていたこの国は、前例のない不景気に飲み込まれ、男の地位は脆くも崩れ去った。これからは女の時代だ。男は女の半歩後ろを歩けばいい。時代の風潮にピッタリなキャッチコピー。そして私は、再び賞を獲った。
受賞の連絡を受けた瞬間、私は退職を決意した。そして、上席の机に辞表を放り投げると、そのまま会社をあとにした。振り返ることもなく颯爽と。
オフィスを出ると携帯が鳴った。私の退職を聞きつけた、ライバルの広告会社に勤める男からの電話だった。広告業界は情報が早い。
『藤堂さん、会社辞めたんだってね。ウチに来ない? 待遇はよくするからさぁ』
でた。女を飼い慣らそうとする薄汚い男の手口。呆れてものも言えない。私は無垢な少女のような声色で言った。
「私を気持ちよくする覚悟はありますかぁ?」

GuX^ V[gV[giJ