予想もしないところで炎があがった。

火の燃える勢いは凄まじく、あちこちに燃え移った。

悲鳴をあげる者。

怒鳴り散らす者。

野次馬もたくさん集まり、騒ぎ立てた。

もはやどこが出火元かすらわからない。

消防隊員が到着する。

「早く炎上を鎮めてくれ!」

隊員は言った。

「これは──謝罪会見が必要ですね」

GuX^ V[gV[giJ