キャンバス

晩年を迎えた男が、2月の木々をスケッチする。

こうして過ごす時間が好きだった。

長年連れ添った妻は入院中。

男の元に病院から連絡が入る。

男は思いついたようにキャンバスを春色に染めた。

それを手に病院へ。

「ほら、綺麗だろ」

妻は微笑み最期を迎えた。

「少し早い満開の桜を妻に見せてあげたくてね」

GuX^ V[gV[giJ