道のりは想像以上に険しかった。

何度も諦めそうになった。

母のため父のため、自分のために。

俺は生きねば。

すぐそこに光が見えている。

あと少しだ。

そして俺はやりきった。

煌々とした光を浴びる。

あまりの喜びに、俺は泣いた。

全力で泣いた。

おぎゃあおぎゃあああ。

「元気な赤ちゃんが産まれましたよ」

GuX^ V[gV[giJ