邪魔

気づけば走り出していた。ありったけの負の感情に引っ張られるように。邪魔な通行人をはねのけ凄む。ショーウィンドウに映る私は、まるでバケモノのよう。血走った目は凝固し、今にも破裂してしまいそうだ。手に握られたナイフは私の狂気。真実を暴き、全てを葬り去ってやる。
彼の部屋の前に立ち、勢いよくドアノブを回す。ドアは施錠されていて開かない。バッグから合鍵を取り出し、鍵穴に突き刺す。ガサ入れ。愛を司る法律を盾に、彼を消滅させる。私を裏切った罰だ。
倒れ込むようにして彼の部屋に入る。視界の中には誰もいない。いつもと変わらないワンルーム。クローゼットの上、本棚の中、テレビ台の上。彼と私が並んで笑う写真が飾られてある。そんなはずはない。彼はここで他の女と別の愛を育んでいるはず。呆然と立ち尽くす私の背後で声がした。

私が彼の行動を怪しく思い始めたのは二ヶ月くらい前からだ。
「何見てるの?」
「何でもいいじゃん」
「誰かから連絡?」
「別に。違うよ」
友人も知人も少ない彼は、スマホなんて気にするタイプじゃなかった。仕事の連絡は社用携帯に入るから、二人でいるときにスマホを触ることなんて滅多になかった。明らかな変化を疑わない理由(わけ)がない。そして何より、マメな性格だった彼からの連絡が途絶えがちになった。
「今日さぁ、会社で酷いことがあったんだよねぇ」
「そうなんだ」
「ねぇ、ちゃんと聞いてる?」
「聞いてるよ」
明らかに上の空の彼。その態度に腹を立てた私は、彼の手からスマホを取り上げようとした。すると彼は鬼のような形相で睨みつけ、それを制した。ほらみろ。こいつは絶対に浮気してる。女の勘を甘く見るな。
「何すんだよ!」
「なんでそんなに怒るの!? やましいことしてるからでしょ?」
「バカなこと言うな。今日は帰ってくれよ」
「言われなくてもそうします」
ためらうことなく、そのまま彼のマンションを後にした。もしかしたら、その後すぐに浮気相手を呼びつけて、甘い時間を過ごしたのかもしれない。想像すると、腹の底から殺意が込み上げてきた。

人と接することがそれほど好きじゃなかった私が、初めて付き合ったのが彼。学生時代は告白されることも多かったが、その全てを断ってきた。人の長所よりも短所に目が行く性格からだろうか、それほど深く知りもしない異性のことを、好きだなんて軽々しく言える男たちが信用できなかった。でも、彼だけは違った。心の底から信用できたし、だから身も心も許すことができた。彼に抱かれると眠ってしまいたくなるほど安心できたし、彼に抱かれない夜は不安で胸を掻きむしった。
そんな彼は、他の女を抱いている。絶対に抱いている。私にしか見せない醜態や痴態、恥部の全てを、薄汚い女にも披露しているのだろうか。女はそれを見て喜んでいるのだろうか。喉からウジ虫が湧いてきそうだ。
会話中に頷くとき、一度目に深く首を折り曲げる癖も見ている。麺をすするとき、小刻みに噛みちぎる癖も見ている。テレビに夢中になるときは、ポカンと口を開けてしまう癖も。裸で抱き合うときは、左の乳房から触れ始める癖も。その全てを、他の女が見ている。
脳内を占拠する妄想が邪魔だ。いや、これは妄想なんかじゃない。私の勘は当たる。昔からそうだ。私を裏切ってまで、肉欲に溺れる彼を許せない。そう思った瞬間にはもう、私は家を飛び出していた。こんな日が来るだろうと、準備しておいたナイフを握り締めたまま。

「何──してるんですか?」
聞き慣れた彼の声。後ろを振り向く。そこには、トイレから出てきた彼の姿。安心した私は、彼の方へ歩み寄った。すると彼は、眉間にシワを寄せ後退(あとずさ)った。
「誰ですか? 勝手に人の家に入ってきて」
え? 私だよ? あなたの大切な恋人。ほら、そこかしこにある写真立ての中で微笑む私だよ。
「いい加減にしないと、警察に電話しますよ」
「笑えない冗談はやめて!」
縋(すが)るように彼に近づいて行った。すると彼はポケットから慌ててスマホを取り出し、電話をかけ始めた。警察ですか──と送話口に向かって叫ぶ彼。
「なんか、バケモノみたいな顔の女が勝手に家に入ってきて。はい、全く知らない人です。住所はですね──」
バケモノ? 私を憎悪の塊にしたのはあなたでしょう。私の心を裏切りで切り刻んだのはあなたでしょう。あなたのせいで、私はバケモノと化してしまったんだ。全てお前のせいだ。
手にしたナイフが、彼の脇腹にめり込んでいた。彼の着る白いワイシャツが血に染まる。引っこ抜いては、また刺した。裏切られた回数だけ刺した。裏切り? 全ては私の妄想だったのかもしれない。でも、そんなことどうっだっていい。私は苦しんだ。だからこれは復讐。気が済むまで刺したって、誰も咎(とが)めやしない。ざまあみろ。邪魔な妄想よ、消し去れ。そして、お前もこの世から消えてしまえ。

ふいに思考の靄が晴れた。彼はフローリングの上に倒れ込み、ピクリとも動かない。クローゼットの横の姿見に自分を映してみる。さっき、ショーウィンドウで見た醜いバケモノはそこにはおらず、どこか晴れやかな表情の女が立っていた。彼が惚れたのも頷ける。私は誰よりも美しい。
倒れる彼のそばに落ちたスマホを拾い上げる。画面を表示させ、直近まで利用していたアプリをチェックする。そこには、FXと呼ばれる外国為替取引のシステムトレードの画面が表示されていた。副業で熱心に取り組む人が増えている投資の一種だと、何かの記事で読んだ記憶がある。
そうか、来週は私の誕生日。二ヶ月ほど前に彼、言ってたっけ。誕生日プレゼントを買ってあげたいけど、金欠だから何とか稼がないとって。だから、スマホを握りしめて、値動きをチェックしてたのか。
玄関から音がした。振り向くと二人の警官。
「バケモノのような女が──と、男性から通報があったのですが」
血まみれの彼の姿を見て警官の目つきが変わった。
「怪しい女性を見かけませんでしたか?」
今の私はバケモノのような女じゃない。彼に愛され、彼を愛した純粋無垢な女。ここに立っているのは、本当の私だ。
私は答える。氷のように冷たい声で。
「走って出て行きましたけど」
警官の一人が玄関のほうに目をやる。もう一人の警官は私に近づき、「詳しくお話を聞かせてもらってもいいでしょうか」と凄んだ。そりゃそうだ。私の手は血まみれだ。
ソファに座るよう警官が促す。素直にそれに従う。
私の心の中に根を張っていた彼への疑いは晴れた。全ては私の身勝手な妄想だった。でも、私が愛した彼だから、彼を殺す権利は私にある。もしかしたら、私は彼を疑っていたのではなく、愛する人を疑ってしまう愚かな自分を殺したかったのかもしれない。そんな私が邪魔だったんだ。
独りよがりの苦悩から解放されたことが嬉しくて、指先についた血をペロリと舌で舐めてみた。私、どうやら本物のバケモノになってしまったみたい。

GuX^ V[gV[giJ