巨大変身ヒーロー

街に巨大な怪獣が出現。

その時、宇宙からヒーローが舞い降りた。

恐れ慄いた怪獣は、何もせずそそくさと退散。

死傷者はわずかで済んだ。

「死傷者!?」

防衛軍の隊長は叫んだ。

「怪獣の暴挙は防げたんじゃないのか?」

隊員は切ない表情を浮かべた。

「ヒーローが着地した際、足元にあった民家が犠牲に──」

GuX^ V[gV[giJ