ヘヴンズ・リグレット

「早く行けって言ってるだろ。たったの一時間だけだからな」
アズミは僕の尻を平手打ちした。勢いに押され、思わずよろめく。
「でも──」
「でもじゃないだろ。言い残した言葉があるんだろ? ちゃんと伝えてきなよ!」
「わかった」
そう言うと僕は、地上へと伸びるオーロラのベールに身を投げた。気の強いアズミが、おどけながら手を振る。粘液で包まれるような感覚が全身を包み込み、気づくと僕の身体は現世(ココ)に立っていた。

人ってこんなにも簡単に死ぬものなんだな。それが最初の感想。物心がついてから、だいたい25年くらい。たくさんの喜怒哀楽を繰り返し歩んできた日々。死は一瞬でその物語を打ち切りにする。どこまでもそれは、あっけなかった。
「キミのことを担当する、アズミって言いまーす」
天国と呼ばれる世界に連れられてすぐ、アズミは僕の前に姿を現した。
「担当?」
「キミみたいに、現世(アッチ)でやり残したことがあるヤツのお世話をする係」
「意味がわからないな」
「見た目と違って、キミってアホそうだな」
初対面の人間に対して失礼な口を利く奴だな──と、僕は苦笑いした。そもそも僕はもう人間なんかじゃない。不慮の事故に巻き込まれ、恋人を現世(アッチ)に残してきた無責任な不用品だ。
「一時的に現世(アッチ)に戻るための手続きって、めっちゃ複雑なんだよなぁ。超面倒クサいし。試験だっていっぱいあるんだよ。それでもほんとに戻りたい?」
なぜ僕が現世(アッチ)に戻りたいってことになってるのかはわらからない。でも、やり残したことがあるのは事実。それを果たすチャンスがあるなら願ったり叶ったりだ。
「よろしくお願いします」
僕は深々と頭を下げた。
「わかったよ」
アズミはため息をつきながら笑った。ツンと尖った鼻先が、少し可愛かった。
「ちなみに、アズミ──さんって、何者なの?」
「何者でもいいじゃん、別に。キミより先に死んだ天使だよ」
意地悪そうに顔を歪めると、アズミは背を向け歩き出した。何が起こるのかわからないまま、とりあえずついて行くことにした。

「なぁ、タケル。あの問題、解けるようになた?」
いつしかアズミは僕のことを〈キミ〉ではなく名前で呼ぶようになった。
一時的に現世(アッチ)に戻るためには、ほんとにやらなきゃいけないことが多かった。そのほとんどは、現世(アッチ)でやってきた悪事を省みるような授業。定期的に行われる試験もあった。試験に合格するために、アズミは常に僕と一緒に授業を受け、合格するためのアドバイスをくれた。
「タケルって意外と女泣かせだな」
「なんで?」
「同じ学校の女子から貰ったバレンタインのチョコ、食わずに川に投げ捨てたんだろ?」
「ま、まぁね」
「最低……」
「知らない子だったし」
「ふつう食べてあげるでしょ?」
「たしかに」
「アズだったら、絶対にタケルみたいな男、イヤだわ」
「僕だって、わざわざアズミを選んだりしないよ。もっとおしとやかな子を選ぶね」
見知らぬ場所で学んだり試されたり。それはまるで合宿みたいだった。ただ、アズミと四六時中一緒にいるととても楽しくて、生きてる心地すらした。もう、生きてなんかいないのに。
「いよいよ明日だな」
「うん」
「ちゃんと伝えてきなよ、大切な人に」
「わかってる」
「一時間しか現世(ムコウ)にはいられないから気をつけろよ。でさぁ──天国(コッチ)に戻ってきたらさぁ──」
そこまで言うと、アズミは黙った。
「ん? どうしたの?」
「なんでもない。悔いのないように行ってらっしゃい。で、ちゃんと戻って来いよ! 約束ねッ」
アズミの笑顔はいつもと違って少し寂しそうに見えた。それは、出会ってから初めて彼女が見せる表情だった。

「懐かしい……」
鼻から思い切り空気を吸い込む。冷え切った冬の夜気ですら、裸になって触れたいくらい気持ちよかった。
そうだ、モタモタしてる暇はない。僕に許された時間は、たったの一時間。佳奈と同棲していたマンションに行って、彼女に伝えなきゃ。あの日、言えなかった「愛してる」って言葉を。
住み慣れていたはずのマンションの前に立つと、妙に緊張が走った。自分が住んでいた部屋の明かりを、ストーカーのように眺める。しばらくボーッとしていると、窓から漏れる明かりが消えた。外出するのだろうか。僕はマンションの隣に立つ電柱の影に身を潜めた。
「佳奈だ」
予想通り外出する様子の佳奈。半歩だけ足を動かしたものの、なぜだかそこから前には進めなかった。
プロポーズのために指輪を買ったその帰りに、飲酒運転の車にはねられた。即死だった。僕を殺した凶器が大量の酒気を帯びていたことは、天国(アッチ)でアズミから聞かされた。悔やんでも悔やみきれなかった。あれから佳奈はどんな思いで毎日を過ごしたのだろう。想像しただけで胸が苦しくなる。
佳奈の姿が見えなくなったあと、僕は近くを散歩してみることにした。許された時間は限られている。でも、生きてるってことを感じたかったから。
公園のベンチに並んで座る恋人たち。きっと今が幸せの絶頂なんだろうな。塾から帰る子どもたちが、自転車で通り過ぎる。こんな遅い時間まで、勉強ご苦労さま。旦那が不在の間に楽しみを満喫してきたのか、何度か見かけたことのある近所の主婦たちが、酒の匂いを漂わせながら高笑いしてすれ違う。誰も僕のことなんて気にもとめない。そりゃそうだ。この光景を特別に感じているのは僕だけ。みんなからすれば、変わらない日常なんだから。

駅前に立つ時計塔。残された時間はあとわずか。焦ってマンションへと引き返す。すると、偶然にも佳奈が外出先から戻ってくるところだった。呼び止めようとしたけれど、またもや躊躇してしまう。
僕は佳奈に「愛してる」を伝えて、何がしたいんだ。佳奈の未来にはもう、僕はいない。それなのに独りよがりな言葉を伝えてどうしようっていうんだ。残された佳奈の気持ちを、本気で考えたことがあるのか? 本気で佳奈のことを愛しているからこそ、違う言葉を伝えるべきだと思った。
もう時間がない。伝えなきゃ。オートロックが解錠され、佳奈がマンションに吸い込まる。僕は開じかけたエントランスのドアから滑り込んだ。またしてもストーカーのように後ろ姿を追う。エレベーターに乗る佳奈。一緒に乗り込むのはさすがにマズイ。僕はエレベーターの奥にある非常階段を走った。3階まで全力疾走で駆け上る。重い扉を開け、通路に出た。佳奈は玄関の前に立ち、カギを探しているところ。肩で息をしながら、ゆっくりと佳奈のそばへと向かう。
それでもまだ躊躇っていた。彼女が既に心の整理を終え、僕のことを忘れ去っていたとしたら? だとしたら、こんな風に無責任に姿を現すべきじゃないはずだ。
玄関のドアが開いた。その瞬間、一時間前に感じた粘液のような感覚が、足元から襲ってきた。これはきっと、天国(アッチ)からの合図だ。もう終わってしまう。佳奈に二度と会えなくなってしまう。
僕は走り、閉まりかけのドアに向かって叫んだ。
「佳奈! ありがとう!」
ドアが完全に閉まる。玄関から僕の名を呼ぶ佳奈の声が聞こえた。視界がどんどん薄くなり、空からの引力に身体が浮き上がった。再び玄関ドアが開く。もう何も見えなくなる。ドアから出てきた佳奈は、泣きながら微笑んでいた。そんな風に見えた。

「タケルって、ほんとバカ!」
天国(コッチ)に戻ってくると、僕はなぜか拘束された。そして、現世(アッチ)でいう留置所のような場所に閉じ込められた。面会に来てくれたのは、アズミだった。
「なんでこんなことに?」
「アンタ、別の言葉を言ったでしょ! 現世(アッチ)でやり残したことだけを果たしに戻るルールだったのに、タケルはそれを破った──」
「僕はどうなるの?」
「もう、天国(ココ)にはいられない……」
「うそだ!?」
「あれだけ注意したのに」
「ごめん。伝えたい言葉が変わったっていうか、自分の思いに改めて気づいたっていうか──」
「バカ! 自分の思いばっかり。アズの気持ち、考えたことある?!」
アズミの頬は涙で濡れていた。
「アズミの気持ち?」
「アズはアンタと違って、後悔なんかないように生きる! だからこの場でタケルに伝えてあげる」
アズミが立ち上がった拍子に、パイプ椅子が後ろに吹っ飛んだ。
「アズはタケルが大好きだった!」
大声で叫ぶと、彼女は意識を失ったように膝から崩れ落ちた。うずくまったアズミは、ただただ嗚咽を繰り返している。
僕は隣に立つ署員に尋ねた。
「僕はどうなるんですか?」
「現世(アッチ)に還ってもらう」
「もう、天国(コッチ)には──?」
二度と戻って来られない、と署員は言った。
アズミの嗚咽はやまない。僕と彼女の間には、二人を引き裂くのに充分過ぎるほど厚い透明なプレート。僕はアズミのそばに行ってやることはできない。ただ、泣き崩れるアズミを見ることしかできない。僕はどこにいても無責任な男だ。死んでしまった僕に、生きる勇気をくれたアズミ。彼女の笑顔が走馬灯のように脳内を駆け巡った。
「もし、またどこかで会えたなら──その時は、チョコレート、食べてね」
放課後。下駄箱の前。内気そうな女子。控えめなラッピングとリボン。ツンと尖った鼻先。下校を告げるチャイム。友達の声。ありがとうも言わず、無言のまま走り出す。夕焼けのなか。振り向くことさえせずに。
その言葉は僕の胸の奥で暴れ出した。気づけば目の前のプレートを何度も殴りつけていた。拳の血がプレートを染める。署員に身体を押さえつけられながらも、アズミの名を呼び続けた。声が出なくなるまでずっと。

目が覚めた。見慣れた天井。自分の体温を感じる。
「タケルくん、おはよう」
声が聞こえた。佳奈の声だ。二度と見ることがないと思っていた佳奈の笑顔。それを見た瞬間、涙が溢れ出した。
「おかえり」
佳奈の声に心を落ち着かせる。佳奈に「ありがとう」を伝えたあと、どうやら僕は玄関の前で倒れていたらしい。いきなり僕が姿を現したことで気が動転していた佳奈は、わけがわからぬまま僕を担ぎ上げ、ベッドに寝かせてくれたそうだ。
「ただいま」
僕はほんとに還ってきた。ただ、どこかにやり残したことがある気がする。言えなかった言葉? 守れなかった約束? でも、それが何かはわからない。思い出せないのか気のせいなのか。とにかく、僕の目の前には佳奈がいる。それだけで幸せだ。
「佳奈、愛してる」
僕は佳奈を抱き寄せる。彼女の身体に触れると、何もかもが許された気がした。佳奈の呼吸を感じながら、いつまでも終わらないキスをした。
窓の外、急な大雨が降り出した。まるで僕に気づいて欲しそうな雨。でも今は、何が起きても佳奈を離さない。雨音を聞きながら、僕は佳奈の身体を強く抱きしめた。

GuX^ V[gV[giJ