白い粉

この粉を使えば、笑いが止まらなくなるぜ。

黒服の大男は白い粉を手渡した。

粉をまじまじと眺める男。

よし。

男は粉を使うことにした。

煮える鍋に粉をまく。

伝説の調味料。

その後、男の店は大繁盛した。

長蛇の列に、伸びる売上。

そして月末。

男は売上帳簿を眺める。

気づけば笑いが止まらなくなっていた。

GuX^ V[gV[giJ