契約

膝から崩れ落ちる男。

男は彼女のことを心から愛していた。

理不尽な暴走車が、愛を切り裂くなんて。

涙はアスファルトを濡らし続けた。

「まいど!」

頭上で声がした。

見上げる男。

そこには死神が立っていた。

「ほれっ」

男の眼前に1枚の紙きれ。

地縛霊契約書。

「今月、成績が足りてないんで、よろしく!」

GuX^ V[gV[giJ