囚われの美女

僕の手に、そっと先生の手が添えられた。絵筆を持つ僕の手は微かに震え、それを包むように制する先生の優しさを感じる。ゴクリと唾を飲み込み、緊張を抑える。徐々に大きく弾む感情。汗ばんだ手。心の乱れが絵に影響しないよう、慎重に空のグラデーションを重ねる。厚みを増せば増すほどに、どんどんと透き通る空。先生に誘われるまま、気づけば自分の意思とは無関係に、僕の筆は色を重ねていった。

「ユキト君はどうして美術部に転部してきたの? もともとサッカー部だったでしょ?」
ある日の部活終わり、床に散らばった画材を片づけていると、先生が僕に尋ねてきた。
先生のことが好きで、なんて本音を言えるわけがない。美術部の顧問でもあり、美術の授業も受け持つ先生。初めて先生の授業を受けたときから、僕の胸のドキドキは止まらなかった。あの日からずっと。もちろん今日だって。
「マグリットの絵が好きで──あんな絵を描いてみたいなぁと、思ったからです」
「特にどの作品が好き?」
「囚われの美女って作品です」
緊張から目も合わすことすらできずに答える。そんな僕をからかうように、先生は微笑みながら僕の顔を覗き込んできた。思わず手にした絵の具を床に落としてしまった。
「あの作品はとっても素敵よね。ユキト君らしい」
ココナッツミルクを思わせる香水の匂い。高校生の男子をここではないどこか妄想の世界へと追いやるには充分に膨らんだ白いブラウスの胸元。血液が身体中を乱暴に駆け巡るのを感じた。
「ルネ・マグリット展、いつか一緒に観に行けたらいいわね」
先生はそう言いながら、床に落ちた絵の具を拾い上げ、僕の手に乗せてくれた。

マグリットの作品は、空の青と雲の白のコントラストが鮮明で美しい。そんな空を僕も描いてみたくて、いつしか油彩に夢中になっていた。その情熱の先にはもちろん、先生の存在があり、そこに向かって僕の絵筆は進む。
油彩に打ち込む僕を応援するように、先生のサポートも増えていった。部活が終わり、みんなが帰ったあとも美術室に残り絵を描いていると、先生がそばにやってきてアドバイスをくれたりした。僕の勉強のためだからと、先生が選んだ画集をプレゼントしてくれることも。先生に対する憧れの気持ちから美術部に入部した僕は、既にひとりの女性として先生のことを見ていたし、僕のことをひとりの男性と思って接してもらいたかった。

終業式が終わり、明日から冬休み。時給のいい短期バイトはないかと、教室でフリーペーパーのページを繰っていると、担任の教師から告げられた。先生が美術控室で呼んでいると。
「失礼しまーす」
控えめな声で言いながら、ドアを開ける。間口が狭く奥行きがある細長い美術控室。左右の壁面に設置された本棚には、美術に関する無数の本が収納されている。空間の突き当りには大きな窓があり、向こうには空が広がる。その空を臨むように、木製の椅子に座る先生の背中が見えた。こちらを振り返ることなく、「どうぞー」と言った先生。簡易のパイプ椅子を広げ、先生の隣に座る。
「どうしました?」
「どう──って?」
「あっ、いや、清水先生が言ってたので。先生が美術控室で呼んでるぞって」
「あぁ」
返事とも吐息ともとれる声を漏らすと、先生は赤く細いフレームが印象的な愛用のメガネをゆっくりと外した。
「ユキト君?」
「はい……」
「私がこの学校からいなくなったら……寂しい?」
唐突過ぎるその質問に、本音と建前のどちらで返事すべきなのか、判断がつかなくなった。そして、気づけば口が勝手に動き出していた。
「寂しいです。先生に絵を教えてもらえなくなるし……。それに僕は、先生のことが好きで──好きっていうか、先生に憧れてるっていうか、なんて言うか、愛してるっていうか──」
取り乱して本音を吐露し続ける僕の口が塞がれた。柔らかく熱を帯びた先生の唇が、僕の口を閉ざし言葉を奪う。そして、心まで完全に奪い去っていった。
「目を閉じて」
唇を重ね合わせながら、先生が言葉を発する。急な展開に目を見開いていた僕は、あまりにも無骨な自分のその態度を恥じながら、二度と開かないのではと思うほどに強く、瞳を閉じた。その瞬間、先生という柔和な存在が僕の口腔へと侵入してきた。あまりにも優しく、あまりにも凶暴にそれは動き回り、僕の中をかき乱していく。感じたこともない刺激に、僕の腰はパイプ椅子から浮き上がる。唇の端からわずかに溢れる唾液。紛れもなくこれは、先生と僕のそれが混じり合ったものだ。
どのくらいの時間、そうしていただろう。このまま一生が終わればいいと思っていたし、このまま世界が終わればいいと思っていた。
僕に愛を注いでくれる先生の表情を目に焼き付けたくて、背徳感を抱きながら僕は一瞬だけ目を開けた。僕の目に飛び込んできたのは、愛しさと妖艶さを帯び、恍惚とした表情を浮かべるひとりの女。そして、大きな窓から差し込む、冬の午後の光だった。

冬休みが終わり、新学期が始まる。僕の嫌な予感は的中した。先生がこの学校を去り、代わりの先生が着任した。背丈が低くやせ細った薄毛のおっさん。もちろん、美術部の顧問もそいつが担当する。僕は一瞬で退部を決意した。
先生のいない学校は、色を失った廃墟同然だった。見るべきものもなく目指すべきものもない、ただの巨大なガラクタ。今日という一日をどうやって生きればいいのかさえ見失っていた。
抜け殻のようになりながらフラフラと廊下を歩いていると、女子生徒たちの会話が耳に飛び込んできた。
「美術部の先生ってさぁ、離婚した挙げ句、旦那の借金まで背負わされたらしいよ。悲惨な人生だよねぇ」
それを聞いた僕は、獣のように廊下を走り出していた。そのまま学校を飛び出し、行くあてもないまま走り続けた。先生を救いたいという気持ち。でも、自分は無力で滑稽な勇者でしかないという諦め。心の中に巣食うネガティブな感情は、なぜか僕の背中を強く押し出した。涙の筋が頬を伝い、それは走るスピードに流され頬から背後へと散っていく。先生の唇の感触が生々しく蘇る。口腔内を仄かな酸味が占領した。
ただひたすらに走り続けた。気づけば辺りはすっかり暗くなっていた。
「ここはどこだ? 僕は誰だ?」
偶然見つけた駅から電車に乗り、カバンも持たずに帰宅する。親の心配をよそに、部屋に閉じこもる。電気もつけず、真っ暗闇の空間。ベッドに身を放り投げ、スマートフォンを眺める。行き場を失った愛情が向かわせたのはアダルトサイト。どこにでもいる高校生のありふれた欲求を満たそうと、インターネットの波を泳ぐ。過激な映像が氾濫するなか、ある画像が僕の目を串刺した。そこには白い肌をむき出しにした先生の姿があった。
僕の指はその画像に触れ、映像を再生するよう指示を出した。画面の中では一糸まとわぬ姿の先生が、同じく裸体を晒す屈強な男と抱き合い、激しいキスを繰り返している。凝視したい自分とそれを拒む自分が同居する。その攻防は平行線を辿るも、気づけば先生の身体は粗暴な男に支配され、完全にひとつになっていた。
女子生徒たちが言っていたのは本当なのかもしれない。借金を返済するために、この道を選ばざるを得なかったのだろう。
気づけば僕は泣いていた。固く瞳を閉じて、先生の汚らわしくも美しい行為が視界を犯すのを拒んでいた。そんな僕を衝動が打ちのめす。僕の愛したひとりの女性が乱れ狂う痴態を脳裏に焼き付けたい。まるであの日のように背徳感を抱きながら一瞬だけ目を開けた。その目に映ったのは、運命に翻弄されるように喘ぐ囚われの美女と、暗闇を孤独に照らすスマートフォンの画面が放つ光だった。

心に空いた穴を手探りで埋める毎日にも、ようやく慣れた休日のある日。ブラブラと街を歩く。寒い季節は恋人たちの距離を近くする。みんなお互いの体温で温め合うように寄り添っている。羨ましさと妬ましさをぶつけるように、足元の石ころを軽く蹴飛ばす。長細く歪な形をした石ころは予想外の動きを見せ、向こうから歩いてくる誰かの足元へと転がっていった。
「あっ、すみません」
足元に視線を落としながら会釈する。怒ってやしないかと、一瞬だけ視線を上げる。
「えっ──先生!?」
思わず声を漏らしてしまった。もしかしたら別人かもしれない。学校にいた頃とは比べ物にならないほど色気が増していたからだ。でも、僕は確信した。その女性が僕に見せてくれた微笑みが、あの日の笑顔と同じだったから。
先生は屈みながら足元の石ころを拾い上げ、僕の手に乗せてくれた。
足を止めることもなく先生は、僕とすれ違うように歩いていった。僕は呆然と立ち尽くしたまま、石ころを握りしめた。すると、手のひらに妙な違和感が。握りしめたそれは、石ころではなく絵の具だった。
ふと我に返り後ろを振り向く。先生の姿を追うように。そこにはもう、先生の姿はなく、人ごみという名の人間たちで溢れかえっていた。どこかに先生の姿はないものかと目を凝らしてみたけれど、僕の目に映るのは、世界を真っ赤に染める夕日の光だった。

GuX^ V[gV[giJ