清掃員

え?

まさか!?

死体!?

清掃員の女はクローゼットの奥の異変に気づいた。

恐る恐る覗いてみると、それは紛れもなく死体だった。

女は悲鳴をあげる。

と、その時だった。

リビングのドアが開き、家の主人が現れた。

その手にはナイフが握られている。

主人は気だるそうに呟いた。

また清掃員の死体が増えてしまう。

GuX^ V[gV[giJ