あの映画の後は・・。

悔しい時、寂しい時、この道を行こう。

もちろんあの映画の余韻を引き下げて。

準備は全く要らない。

いま感じた気持ちのままに。

キーを持ったら、玄関抜けて。

薄暗い朝もやけの中。

飛び出そう。

もちろんあの映画の余韻を引き下げて。

右手にはB・O・S・S

テーマソングはハイロウズ。

まだ肌寒い朝。

昨日の夜とはバイバイしたし。

後は帰り道辿(たど)るだけ。

行きしの自分は昨日の自分。

今から、たった今から、ここで死んでも後悔しない。

ここで生きても後悔しない。

ガレージの重いトビラを開けた時。

一瞬寂しくなるけれど。

昨日の自分も。

昨日の荷物も。

値札を全て外した後に。

一つ残らず捨てて来た。

もちろんあの映画の余韻は引き下げて。

 

エンジンかけた。

アクセル踏んだ。

これから何処へ行こう。

これから何を見よう。

見慣れた道が後ろの方へ。

どんどん消えて行く。

中央環状線。

いつもこの道の上。

どこへ続くか分からない。

どこで落ちるか分からない。

落ちても後悔しないから。

落ちるトコまで行ってみたい。

ハイロウズの調子は最高。

ヒロトの声もかすれてる。

マーシーのギターも唸(うな)ってる。

窓から投げたタバコの灰が。

目の前を霧のように散ってった。

もちろんあの映画の余韻は残ったままで。

 

地面からおよそ九ミリ。

その上を体が流れてる。

何処まで行っても変わらない。

何処まで走っても変わらない。

中央環状線。

いつもこの道の上。

もしかしたら天王寺に行きたいかも。

西成あたりに行きたいかも。

古い荷物は捨てたから。

もちろん地図すら捨ててきた。

磁石も何も無いままに。

ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと、ずっとずっと中央環状線。

右に曲がろうと思ったから。

真っすぐ進んでみた。

真っすぐ進みたいから、真っすぐ進んでみた。

地獄の果てまで行けるかも。

天国なんかは行きたくないけど。

理由は一つ。

生きていたい。

生きてもちっとも楽しくない。

生きてもちっともおもしろくない。

生きても全然うれしくない。

生きても全然偉くない。

でも、死んでもちっとも偉くない。

死んだら全然偉くない。

楽しみたいからとか。

おもしろくいたいからとか。

うれしくなりたいからとか。

偉くなりたいからとか。

そんなモノの為に生きたいわけじゃない。

理由は一つ。

生きていたい。

ただ、それだけ。

前には車も人影もない。

一番好きなあの子の為に。

アクセル踏んで中央環状線。

一番憎いあいつの為に。

アクセル全開 中央環状線。

飛べそう。

飛べそう。

空には魅力を感じないけど。

一回は飛んでみたい。

二回でもいい。

三回飛べたら言うことなし。

とにかくこれが俺の道。

この道の上に居る限り、俺の道。

実は、すっごく寂しいけれど。

俺の道には俺が居る。

俺の道だから、誰も入れない。

俺だけが居ればそれでいい。

寂しがり屋の言い訳じゃない。

何故なら。

何故なら。

 

「今、俺は、めっさカッコイイからなのだ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>