放課後グラフィティ

美咲と伊織は放課後、窓側の席に腰掛け、グラウンドの活気を眺める。部活中の生徒たちが発する熱のこもった声は、校舎の4階まで響いてくる。秋の終わりと冬の訪れを同時に感じさせる風が、二人の髪を優しく揺らした。
「もうすぐ卒業って、ヤバくない?」
ヨレた靴下を伸ばしながら、美咲は言った。
「時間が経つのって超はやいよね」
「いろいろあったけど、充実した高校生活だったかな」
美咲は再びグラウンドを見下ろし、脳内に思い浮かんだいくつかの思い出を懐かしんだ。
「大学は別々──寂しくなるね」
伊織の声のトーンが変わったことに気づき、美咲は視線を移す。
二人は幼稚園からの幼馴染み。泣き虫だった美咲はいつも伊織に助けられてきた。気づけばいつも伊織がそばにいてくれた。何も自分で決められない美咲は、伊織の選択に身を委ねることが多かった。でも、大学は違った。伊織から自立することが彼女を喜ばせることだと信じていた。だから、親友の口からこぼれたその言葉は意外だった。
「別々っていっても、別に友だち関係が終わっちゃうわけじゃないし。伊織はいつだって私の中で大切な人だよ」
小さく頷く伊織。そんな二人の感傷的な時間を打ち破るように、教室のドアが音を立てた。そこには教平の姿。
「何やってんだよ、お前ら」
バスケ部のユニフォーム姿で現れた教平は、窓辺で向き合って座る二人を見て呆れ顔。
「教平こそ何やってんのよ? もう部活は引退したでしょ!?」美咲が叫ぶ。
「女子のリコーダーでも舐めてやろうって、放課後の教室に忍び込んだのに」
「はぁ? リコーダーなんか誰も持ってないし」
「冗談だよ。どうせ帰っても暇だから。顧問の目を盗んで、後輩にバスケ教えてんの」
「アンタってほんとバカだよね。いい加減、オトナになりなさい」
「美咲に言われたくねぇよ」
教平は爽やかな笑顔を見せると、机にかけてあったカバンを手に取り、教室を後にした。
「あいつってほんとアホじゃない?」
両手を広げ呆れた仕草をしながら伊織を見ると、なぜかその目は潤んでいた。
「伊織……どした?」
「ねぇ、美咲? もし私が美咲のこと好きって言ったら──どうする?」
「えっ? 好きって? 私も伊織のことは大好きだよ」
「だから──そうじゃなくって」
そこまで言って伊織は黙った。思い詰めた表情のまま。美咲はその表情の意味を汲み取れず、ただ伊織を眺めるしかできなかった。
グラウンドからは野球部が鳴らす軽快な打撃音。部員たちの喝采の声。徐々にオレンジに染まる空。時々カラスが鳴いている。放課後特有の音に包まれながら、教室には長い沈黙が流れた。
大学のことを考えて感傷的になったのかもしれない。美咲はそう思った。伊織に元気を取り戻してもらいたくて、「高校生活最後の記念に、好きな人の名前を紙ヒコーキに書いて二人で飛ばそうよ。遠くまで飛べば、恋が叶いそうじゃない?」と、無理に笑顔を作りながら提案してみた。
特に反応は返ってこなかったが、気にせずカバンから紙とペンを取り出すと、伊織に手渡した。伊織は苦笑いしながら、それを受け取った。
黙ったまま紙に名前を書き、二人で紙ヒコーキを折った。折り慣れない二人の紙ヒコーキは不格好。どう考えても遠くまでは飛びそうになかった。
窓の外に向かって構える二人。美咲が「せーのッ」と声を掛けると、空に二機の紙ヒコーキが飛び立った。
「教平のことが好きだよー!」
美咲は叫んだ。紙ヒコーキに願いを託すように。理想的なフライトではないものの、風がそれをうまく運び、フラフラと飛んで行った。
「美咲って、教平のこと──」
「初カミングアウトッ! 高校生活の記念に、教平への想いを乗せて飛ばしてみました」
伊織は「そっか」と言いながら、穏やかに微笑んだ。
「下手くそな紙ヒコーキのわりには、ちゃんと飛んだね」
「うん」
「伊織のやつは優秀だったね」
「どうせ叶いっこないけど」
「わかんないじゃん」
「もういいんだよ、私なんて」
「どういうこと?」
「教平に届くといいね。紙ヒコーキ」
これまで見せたことのない伊織のぎこちない笑顔。いつも通りの快活な様子は微塵もなく、あまりのギャップに少し心配になった。

昼に屋上で食べたお弁当箱を忘れてきたからと、美咲を先に帰らせた伊織。久しぶりにひとりで下校。高校生活はまだ残っているものの、通い慣れた道に懐かしさを感じながら家までの道のりを歩く。
ふと視界に入った側溝に落ちた白いもの。それは紙ヒコーキだった。拾ってみると、さっき二人で飛ばした紙ヒコーキ。折り方からして伊織のやつだ。
「こんなとこまで飛んだんだぁ」
感心して声を漏らす。伊織には悪いと思いながらも、自分だけが教平への想いを打ち明けていたことを思い出し、折られた紙ヒコーキを開いてみることにした。
「え!?」
そこには美咲への想いが綴られていた。
美咲はすべてを理解した。鈍感な自分を恨んだ。自分に対して友情ではなく愛情を抱いていた伊織の気持ち。それに気づかず、教平への想いを無邪気に叫んでしまった。そんな浅はかな行為を心から悔やんだ。
思い詰めていた伊織の顔が浮かぶ。寂しそうに屋上への階段を上る後ろ姿も。屋上!?
気づけば学校へ戻るために走り出していた。嫌な予感がしたからだ。今日のお昼はグラウンドの隅でご飯を食べた。屋上に行く理由なんてない。あるとすれば──。
下校中の生徒とすれ違いながら、夕焼けに染まる校舎目掛けて走った。

「伊織ッ!」
美咲の予想通り、伊織は屋上の縁に立ち、グラウンドを見下ろしていた。美咲の声に気づき伊織が振り返る。風に吹かれてスカートが揺れている。
「伊織──ごめん。気持ちに気づかなくて。こんな私のこと、想ってくれてありがとう」
「もう、いいんだ」
「よくないよ!」
歩み寄ると、伊織は飛び降りる素振りを見せたため、美咲は戸惑い、歩を止めた。
「ごめんね、伊織。私は教平のことが好きなんだ。伊織にウソはつけない。でも、伊織のことは失いたくない。いつまでもそばにいて欲しい。伊織にとっては何の解決にもなってないかもしれないけど、それが私の気持ち。受け入れてくれるなら、これまでみたいに一緒にいたい!」
伊織は急にしゃがみ込むと、足元のカバンから紙ヒコーキを取り出した。
「これ、さっき美咲が飛ばしたやつ。グラウンドに落ちてあったから拾ってきたよ。あんまり遠くに飛ばなかったみたいだね。紙ヒコーキ作りは私のほうが上手みたい」
愛おしそうに紙ヒコーキを撫でる伊織の様子を、美咲はただ黙って見守るしかできなかった。
「美咲と教平が、うまく行きますよーに!」
叫びながら、紙ヒコーキを飛ばす。
空はすっかりオレンジ色。頼りない月も顔を覗かせている。下校時刻を告げるために、校舎に流れるパッヘルベルのカノン。このまま泣き出してしまいたい。屋上から飛ばした紙ヒコーキは、さっきのやつよりもうまく風に乗り、気持ちよさそうに飛んで行く。遠くへ。遠くへ。夕暮れの空には、伊織の名を呼ぶ、美咲の叫び声だけが響いた。

「腹減ったぁ」
教平は火照った身体を冷ますように、季節外れのティーシャツで下校。帰り道にあるパン屋で菓子パンでも買おうかと思案中。久しぶりの部活で、身体に心地いい疲労感を感じながら。
「ん?」
ポストの前に紙ヒコーキが落ちているのを見つけた。なんでこんなところに紙ヒコーキ? そう思いながら拾い上げる。何気なくそれを開いた瞬間、「はぁ!?」と声を漏らした。
『教平のことが大好きッ!』
そう書かれた紙ヒコーキ。誰が書いたものなのか分からない。教平ってのが自分じゃなく、別の誰かかもしれない。ただ、悪くない。むしろ、気分はいい。どこかで誰かが自分に行為を寄せているかもしれないと思うと、少しロマンチックな気分に浸れたからだ。
教平は空腹も忘れて空を仰いだ。これを書いたのが、伊織だったらいいのになぁと思いながら。
冬を告げる冷たい風を肌に感じ、カバンからジャケットを取り出し羽織る。さっきまで紙ヒコーキだったラブレターをそっと折りたたみ、ポケットにしまう。
「やっぱ腹減ったぁ」
パン屋を目指してゆっくりと走り出す。すれ違う救急車とパトカーが鳴らすサイレンの音すら、気にも留めずに。

GuX^ V[gV[giJ