正体

彼の家に向かう途中、私は気づいた。

私の後をつける男の影。

彼の家にいる時も、監視されている気配。

彼は憤り、「俺が捕まえてきてやる!」と息巻いた。

私はそれを制する。

ストーカーの正体を知っているから。

正体は、おとうさん。

私の交際を心配してくれてる。

ほら。

カーテンから覗くと、見慣れた顔。

GuX^ V[gV[giJ