助言

オフィス街の片隅。

寒さに肩を震わせる占い師の女がいた。

男が歩を止める。

運命を占って差し上げましょうか?

男はそれを拒み、話し始めた。

占う場所。

時間帯。

服装。

声のかけ方。

アドバイスに従えば、あなたは占い師として成功する。

まさか、あなたも占い師?

男は答えた。

いいえ、コンサルタントです。

GuX^ V[gV[giJ