救命

夢を見ながら死んでいける薬。

業者は男に薬を手渡した。

生きてても意味がない。

眠りに落ち、そのまま死んで行こう。

男は薬を飲み干した。

やがて眠りが訪れる。

夢の中は楽園。

至福の時間。

味わったこともない贅沢。

生きたい!

男は生に未練を感じた。

「おはようございます」

業者の笑顔がそこにはあった。

GuX^ V[gV[giJ