最大の危機

極秘プロジェクトの資料をめぐり、命を狙われる博士。

研究室に殺し屋がやってくる気配が。

博士は透明人間の薬を飲み、姿を消した。

「ん?」

ワインか何かと勘違いした殺し屋は、テーブルの上の薬を飲み干した。

透明になる殺し屋。

博士にとって最大の危機が訪れた。

まもなく、博士の薬の効き目が切れる。

GuX^ V[gV[giJ