悲しい物語

やっぱり冬はコタツだなぁ。

暖かい。

家族もみんなコタツに集まってきた。

みんなで入ったら、足が窮屈で仕方がないってば。

あっ。

そっか。

窮屈になんてならないか。

家族みんなでコタツを囲んでる。

でも、みんな幽霊。

コタツの中は、私の足だけ。

あの悲しい事件は、私の家族を奪った。

家族のぬくもりも。

GuX^ V[gV[giJ