年月

「どうせ噂だろ?」

タケシは苦笑いした。

友人との賭けに負けたタケシへの罰ゲーム。

花子さんが居ると噂される夜の校舎の女子トイレ。

それを一人で確かめることに。

夜。

月明かり。

目的の女子トイレ。

タケシは忍び込み、扉を開けた。

「ひッ!」

中から現れた。

老婆が。

「アタシも年を食っちまったんだよ」

GuX^ V[gV[giJ