死神

「真実を伝えていい?」

男は伏し目がちに言った。

「なに?」

「実は俺、死んでるんだ」

「どういうこと?」

「君の目の前にいる俺は──霊ってこと」

呆然とする女。

「もう消えなきゃならない」

「イヤだ! 離れたくない!」

「じゃあ、ついて来てくれる?」

女は潤んだ目で頷く。

男の手が女の首にかけられた。

GuX^ V[gV[giJ