屋根裏

家を持たないその男は、空き家を転々とし雨露をしのいでいた。

今夜は町外れの邸宅。

下調べしたはずなのに、玄関で物音が。

男は慌てて屋根裏に逃げ込んだ。

「今日は3人殺ったな」

ドスのきいた声が室内に響く。

「いや、今日は4人だろ?」

男に緊張が走る。

「まだ誰か殺るってのか?」

「屋根裏の奴をな」

GuX^ V[gV[giJ