対面

彼女と初めての花火デート。

打上花火を見つめ、ロマンチックな時を過ごす。

「おい!」

ガラの悪いおっさんが運悪く絡んできた。

雰囲気ぶち壊すなよなぁ。

彼女は怯えてモジモジしてる。

「おい、コラッ!」

明らかにヤバそうな奴。

気色悪い。

あっち行けよ。

すると、彼女が僕の耳元で囁いた。

「父なの──」

GuX^ V[gV[giJ