飛び降り

女は下界を見下ろした。

あまりの高さに膝が震える。

もうどうなってもいい。

味方なんていない。

誰も女を止める気配はない。

むしろ早く飛べと願っているはずだ。

そんな世界はもういやだ。

運命に背中を押されるように宙を舞った。

どこまでも真っ逆さまに落ちる。

誰かが「バンジー」と叫ぶ声を聞きながら。

GuX^ V[gV[giJ