転校生

「夏木陽子です。よろしくお願いします!」
ある朝、アイツは転校生としてこのクラスに現れた。事前に周知されていなかったから、教室は浮足立つようにざわついた。
もし私が転校生の立場だったら、初登校の朝は憂鬱で仕方がないだろう。誰ひとりとして見知らぬ顔。値踏みするような生徒たちの視線。それなのにアイツは違った。
「一日でも早くみんなと仲良くなれるよう、がんばりますッ!」
私は小さく舌打ちした。明朗快活で非の打ち所のなさそうなアイツの態度に腹が立った。担任が指差したのは私の隣の席。私の一方的な苛立ちを知ることもなく、アイツは席に座る。ほのかに漂わせる柑橘系の香り。爽やかさを絵に描いたような匂いにすらイラ立ちを覚えた。
「よろしくねッ!」
明るさという威圧感に気圧され、声も発せず小さく頷く。引きつった笑みを浮かべるのがやっとだった。

「前の高校では何の部活やってたの?」
「前はねぇ、テニス部だったよ」
「ウチの学校にもテニス部あるし、よかったら入っちゃえば?」
「えっ! ほんとに?」
クラスの中でも中心的存在の山崎優美が、教室中に響く声で叫ぶ。
「ねぇねぇ、アキコッ! 陽子って前の学校でテニスやってたんだってぇ!」
黒板前の席に座る近藤亜希子が返す。
「そうなんだ! アタシもテニスやってるんだよ。よかったら部活おいでよ!」
アイツは承諾の意思を伝えるように、近藤亜希子に向かって親指を立てた。
転校後、数日も経たないうちにクラスの輪の中に溶け込んだアイツ。私が望んでも絶対に足を踏み入れられない、クラスの中心という輪の中に。
「冬木さんって部活やってるの?」
突然アイツは私に話しかけてきた。心の準備をしていなかった私は、「あッ──特に」と答えるのが精一杯だった。
「そうなんだ! 部活以外にもやりたいことってたくさんあるもんねぇ」
私が抱く嫌悪感とは裏腹に、アイツはこんな私にすら優しく接した。誰がどう見たって根暗な私。空気よりも軽い存在。それなのに周囲に漂わせてしまう重苦しい空気。私という存在がみんなの雰囲気を汚しているのは知っている。だから、みんな声すらかけようとしない。それなのにアイツだけは優しかった。人並みの反応すら返せない落伍者の私に、いつも気にせず話しかけてくれた。
不慣れな日々が数ヶ月続いたある日、アイツの態度は急に豹変した。

「イタッ!」
廊下を歩く私の肩にわざとぶつかってきたアイツ。大袈裟に肩を押さえ、苦悶の表情を浮かべる。
「大丈夫?」
「けっこう激しくぶつかってたよ」
アイツを取り巻く連中が心配そうに見つめる。「大丈夫、大丈夫」と笑顔を取り戻したアイツは、いきなり私を睨みつけた。
「アンタみたいな根暗な人間。廊下の端っこ歩けよな。邪魔なんだよ!」
「えっ──?」
「その暗い顔、クラスの雰囲気壊しちゃうんだよねぇ。性格変えろとまでは言わないから、せめて整形してよね」
アイツのセリフに取り巻きが甲高い声で笑う。バカみたいな表情を浮かべながら。
「みんな、知ってる? 冬木の教科書って、余白にアニメみたいなのいっぱい描いてるんだよ。超絶マニアックじゃない?」
「冬木になんて教科書借りないもーん」
「たしかに!」
またしてもドッと笑いが起こる。土足で顔面を踏みにじられているような気分になり、その場から走って逃げ出したくなった。
いつも優しく接してくれたアイツに、お礼の意味も込めて教科書を貸してやったことが何度かあった。あんなに喜んでくれてたのに──。
「じゃあ、二度と私とすれ違わないでねぇ~」
吐き捨てるように言い残し、アイツは歩いて行った。媚びるように取り巻く連中に囲まれながら。

楽しい思い出などひとつもないまま迎えた卒業の日。これから先、何をするかなんてまだ何も決めていない。この鬱蒼とした毎日をただひたすらに終わらせたかった。この世界をどこか見えない場所に封印したかった。
卒業生たちは懐かしい思い出を口々に語り合いながら、校門近くで名残惜しそうにしている。後ろ髪を引かれる思いなどカケラもない私は、誰に気づかれることなく、誰からも呼び止められぬまま学校を後にした。
通学カバンの中には卒業アルバム。カバンの中に手を突っ込み、その存在を確かめる。私には盛大な楽しみが残されている。それを想像すると、自然と笑みがこぼれた。
「おかえり。早かったね」
卒業の日を迎えた娘を、特別な感情で迎え入れようとする母の素振りが鬱陶しかった。母の言葉を受け流すように、「うん」とだけ返事をし、足早に自分の部屋にこもる。カバンから卒業アルバムを取り出すと、大きく息を吸い込む。
「さぁ」
私はアルバムのページをめくった。

きっと私の口角は片側だけ醜く釣り上がっていることだろう。クラスの集合写真。口をきいたことすらないクラスメイトたちが並ぶ。ただひとりを除いて。そう。夏木陽子の姿だけが消えた集合写真。
「ざまあみろ」
アイツは担任の教師のすぐ隣で写真に映っていたから、そこがポッカリと空白になっている。すごい違和感だ。きっとみんなはこう言うだろう──あの子がいなくなった──って。

たまたまインターネットのバナー広告をクリックしたのがきっかけだった。それは、海外の黒魔術のウェブサイトが日本語に翻訳されたページ。『自己の欲求・欲望を満たすために行われる魔術』と書かれた見出しに惹かれ、私はそれを試してみた。
黒魔術に込めた願いは、〈自分にとって憧れの人物像をこの世に生成したい〉というもの。自分の性格を嫌悪していた私は、憧れの人物を通して自分の理想を叶えようと試みた。それが、夏木陽子という存在だった。
それなのにアイツはいつしか私を蔑み、攻撃するようになった。でも私は知っていた。それは私が私自身に対して抱く感情。たとえ明朗快活な性格に憧れたとしても、心の奥底にへばり付いた苔のような心理がそれを破壊する。そして、劣等感に塗りつぶされ歪んだ感情が私自身を見下し、貶めた。
「だから消してやったんだよ。バカッ」
封印するように卒業アルバムを閉じようとしたその時、スマートフォンが着信を告げた。ディスプレイには夏木陽子の名前。
生成した存在は消失させることもできる。黒魔術で消されたはずのアイツからの電話。スマホに伸ばす指が震えている。
「はい──」
「私はあなた自身ってこと、忘れてないでしょうね?」
私の声をかき消すように、夏木陽子はそのひとことだけを残し電話を切った。

スマホを持つ手に汗が滲む。消したはずの夏木陽子からなぜ? その存在を確かめるように、再び卒業アルバムを開いてみた。
息が詰まる感覚。目眩。吐き気。冷たくなる指先。消えたはずの夏木陽子の笑顔。そして、集合写真の中に、私の姿はなかった。
気づけば卒業アルバムを壁に投げつけていた。音を立てて床に崩れるアルバム。クラスのみんなが寄せ書きを書き合うために用意された、アルバムの最後のページが仰向く。誰ひとり友だちのいない私の白紙の寄せ書きページ。ひとつだけメッセージが書き込まれているのが目に飛び込んだ。それは何色ものカラフルなペンで書かれ、とても華やかに見えた。
『これからは明るい私で生きていく!──夏木陽子』
そうだ。アイツは私自身だ。私がずっと叫びたくて、だけどできなくて。自分を否定することでひた隠しにしてきた本音を、アイツは叫んでくれたんだ。
投げつけた卒業アルバムを拾い上げ、ギュッと胸に抱いた。
「ありがとう」
気づけば泣いていた。
もう一度、夏木陽子の笑顔に触れたくて、卒業アルバムをめくる。そこにはもう、アイツの姿はない。教師の隣の空白は他の生徒で埋められている。さっき見たときは消えていなくなっていた私は──そこには少しだけ誇らしげに微笑んでいる私が映っていた。

GuX^ V[gV[giJ