孤独

男は世を憎み、孤独を求めて透明人間の薬を飲んだ。

誰にも見られず、誰にも知られず生きた。

そして今、寿命が尽きようとしている。

ひとりの博士が男の部屋を訪れた。

「あの薬には何の効果もないんだよ」

「でも、誰も僕のことを──」

博士は微笑んだ。

「君が拒めば世も君を拒む。ただそれだけのことさ」

GuX^ V[gV[giJ