吸血鬼

貴婦人が真夜中に目を覚ます。

ベッドの脇にはヴァンパイアの姿。

瞬く間にその牙が首元に。

悲鳴が断末魔に変わる。

吸血鬼は満足そうに血を吸い切った。

貴婦人の城を後にし、颯爽と車に乗り込む。

今宵の収穫を祝うように、腕を大きく突き上げた。

「さぁ!」

善意の叫び声が響く。

献血と書かれた車の中に。

GuX^ V[gV[giJ