別れ

まだ出会ったばかりなのに──。

女は激しく泣いた。

仕方がないよ。運命なんだから。

女に負けじと、男も荒々しく鳴いた。

ひと夏の思い出。

運命がふたりの仲を引き裂く。

もう会えないの?

男は頷く。

俺は先に行かなくちゃ。

そう言い残すと、男は鳴きやんだ。

そして、木からポトリと落ちた。

儚き蝉の一生。

GuX^ V[gV[giJ