劣等感

路上に女性が倒れている!

呼吸が苦しそうだ。

じ、人口呼吸!?

俺みたいな奴と唇を触れ合わせて、彼女、怒りやしないだろうか……。

戸惑う。

何やってんだ!

背後から突き飛ばされた。

突然現れた好青年が彼女に人工呼吸する。

意識が戻ればきっと彼女も喜ぶだろう。

彼に助けられて。

どうせ、俺なんて……。

GuX^ V[gV[giJ