再会

商店街の片隅。

初老の女が、道行く人を占う。

ひとりの女が簡易椅子に腰掛けた。

辛い過去を過ごしてきたねぇ。

孤独だっただろ?

お母さんがどっか行っちまったんだね。

かわいそうに。

左肩にアザがあるかい?

客が頷くと、占い師の女は目に涙を浮かべた。

アンタ、もしかしてシホかい!?

「いいえ、順子です」

GuX^ V[gV[giJ