罪の償い

豊かになった人類。

その反動で溢れるゴミ。

地球でゴミを抱えきれなくなった人類は、それを宇宙へと廃棄した。

やがて人類は宇宙の法に裁かれることに。

我々は宇宙へと飛び立ち、浮遊するゴミをペンキで金色に塗りつぶした。

後世の人々が見上げる夜空には、人類の償いが生んだ星が、燦々と煌めいていた。

GuX^ V[gV[giJ