結婚詐欺

人生初の経験。

娘さんを僕にください。

ちゃんと言えるだろうか。

軽い挨拶を済ませ、居間で彼女の父と対面する。

勇気を振り絞る。

「娘さんを僕にください!」

彼女の父はなぜか不敵な笑み。

「君の隣にいるのは俺の妻なんだ」

「えっ?」

「俺の嫁に手を出しやがって。慰謝料はしっかり払ってもらうからな」

GuX^ V[gV[giJ