アイカサ

天気予報のウソつき──。

美琴は降り出した雨の中、急ぎ足でコンビニに向かった。店頭に置かれたシェアリング用の傘は1本だけ残っていた。
端末リーダーにスマホをかざす。ベルのような効果音が鳴り、ロックが解除された。
「よかった」小さく呟く。
コンビニの軒先。髪についた雨粒をハンドタオルで払う。今夜はまだまだ降りそうだ。
「宗介のバカ……」
傘を開くと、中棒に括り付けられた1枚の紙切れが目に入った。まるで神社のおみくじみたい。
なんだろう──?
気になって外してみると、そこには携帯電話の番号が手書きされていた。

「いらっしゃい! あれ? 宗介は?」
底抜けに明るい店員の声が響く。
飲まなきゃやっていられない気分。でも、ひとりで気軽に立ち寄れる店なんて知らない。やって来たのは数週間まで美琴の恋人だった宗介との行きつけの居酒屋。
「今日は、ひとりでーす」
ぎこちない笑顔を作る。なんだか泣きそう。やっぱり来なきゃよかったと、ちょっと後悔。
常連の特権が発動する。ひとりで来たのに4人席のテーブルに通してもらえた。彼氏にフラれて、居酒屋のカウンターでひとり焼け酒するのは、さすがにみっともないと思っていたから、救われた気分。
二人だと少し狭く感じた4人席。ひとりだと、妙に広くてなんだか落ち着かない。
賑わうスーツ姿のサラリーマン。顔を寄せ合うカップルたち。女子会が発する大げさな笑い声。隣の4人席には、美琴と同じように、テーブルにひとりで座る男性の姿。
ひと通り店内を見渡したあと、ビールを注文するためにタッチパネルを取り出す。その慣れた手つきは自然と数量表示の『2』を選んだ。宗介がいなくなったことを指先が思い出し、『1』に訂正する。小さくため息。
「あっ」
カバンのポケットに手を突っ込み、中から紙切れを取り出す。傘の中棒に括り付けられていたおみくじ。改めて手書きされた電話番号を眺める。
──これ、かけるとどうなるんだろ?
宗介のいない世界。新しいどこかに行かなきゃいけない。その義務感は美琴にスマホを取り出させた。
ためらいながらキーパッドをタップする。途中まで入力した番号を、一旦消す。そして、もう一度。心臓がドキドキしてる。受話口から呼び出し音が鳴りはじめる。変な人が出たらどうしよう……。

『もしもし』
──えっ?
『もしもし?』
「あっ、はじめまして」
『はじめまして』
店内BGMにかき消されないよう、スマホを押し当てた左耳が拾う男性の声。なぜか同じセリフが右耳からも入ってくる。
美琴は小動物のように身体をひねり、右のテーブルを見る。すると、同じように身体をひねり美琴のテーブルに視線を送る男性。
『えっ?』
「もしかして」
『あ、どうも』
事態に気づいた男性は、電話越しに話していいのか、それとも電話を切ったほうがいいのか迷っている様子。
『とりあえず、そっちの席、行っていいっすか?』
「はい──」
スマホを耳に当てたまま、男性が美琴の席に移動してくる。
彼は美琴の目の前に座る。電話はまだ耳に当てたまま。目の前にいるのにスマホを握り締めているその姿がおかしくて、笑ってしまった。美琴の笑顔に安心したのか、彼は照れ笑いしながら電話を切った。

「田舎から出てきて、友だちも知り合いもいなかったから、誰かとつながりたくて」
達也と名乗る彼が苦笑いする。
近ごろじゃ、なんでもシェアできる世の中になった。傘だってそう。達也は傘をシェアする度に傘に電話番号を括り付けておき、それを見つけた誰かからの連絡を待っていたそうだ。なかなか愉快なアイデア。
「それに私がまんまと引っかかったってわけだ」
「そんなつもりじゃ──」
「冗談だよ!」
会ってまだ数十分しか経っていないのに、なんだか居心地が良かった。珍しい出会いのインパクトがそう感じさせるのか、それとも、宗介のいない時間を無理やり埋めようとしているのか。
「いつもひとりでココに来てるの?」達也が尋ねる。
「ううん。いつもは二人──だった」
「だった?」
「彼氏と別れちゃったからね」
達也はバツの悪そうな顔。余計なことを聞いてしまったと、気を使っているのだろう。
「彼のことはまだ好きなの?」
ちょっと考える。答えは出ているくせに。
「どうだろうね……」
「とりあえず今日は飲もう。失恋記念ということで!」
明るい達也に救われた。どこまでも沈んでしまいそうだったから。
二人のビールジョッキが空になる。美琴はタッチパネルに触れ、ちょっと考えたあと、数量表示の『2』をタップした。

あれから達也とは何度か遊びに出かけた。回を重ねるごとに、達也が美琴を思う気持ちが強くなっているような気がして、美琴は戸惑っていた。
「どうかした?」
達也が美琴の顔を覗き込む。
「え? ああ。ううん、どうもしないよ。それにしてもよく降るね」
「ほんと、よく降る」
ショッピングモールで買い物を楽しんだ帰り道。今日は一日中、ずっとどしゃ降り。
レストランが立ち並ぶ一角に向かって歩いているときだった。待ち合わせスポットになっている小ぶりな時計台の前。ずぶ濡れで俯く男性の姿が視界に入った。
それを見た美琴は、達也が持つ傘から抜けると、来た道を走り出した。達也が呼ぶ声が聞こえたけれど、振り返ることなく走った。
──駅前にコンビニがあったはず。
コンビニの店頭には、シェアリング用の傘が1本。美琴は慌ててそれをレンタルし、勢いよく開いた。
「うそっ!?」
驚きで思わず声が出る。傘の中棒には、またしても1枚の紙切れ。
「最近、これ流行ってんの!?」
早く戻らなきゃと焦る反面、電話番号が気になる。今かける理由なんてないのに、なぜか手には紙切れが握られていた。そして、気づけばキーパッドをタップしていた。
『もしもし』
──えっ?
『もしもし』
聞き慣れたその声。まさか──。そんなことってあるのだろうか。絶対に宗介の声だ。
「もしもし……。宗介、ですか?」
『え? 美琴?』
「うん」
『ほんとに?』
「ほんとだよ」
受話口からは弱々しい宗介の声が聞こえる。あれだけ雨に打たれてずぶ濡れになっていたら、誰だって体力を奪われる。風邪を引いているかもしれない。
「なにしてるの?」
『友だちと遊んでる』
「うそ──」
『ほんとだよ』
「ずぶ濡れのクセに……」
『え?』
「時計台の前にいるの見たよ」
『──ははっ』
鼻をすする音と同時に、宗介が虚しく笑う声がした。
『今日って俺らの付き合った記念日だよね。はじめてのデートの待ち合わせ場所だったココにいれば、美琴が来てくれるんじゃないかって……』
「バカじゃない──?」
男ってほんと勝手。そんなことするくらいなら、最初っから別れようなんて言わなきゃよかったのに。
ほんとだったら紙切れに書かれた電話番号をタップしたとき、宗介の名前がスマホに表示されてもよかった。でも、フラれた直後、あまりに悔しくて番号を消しちゃった。宗介への気持ちは消せないくせに、電話番号は消してしまう。そんな自分もバカだなと思い、美琴は小さく笑った。

達也にどう伝えればいいのか、美琴は迷っていた。美琴への思いは伝わってくる。ただ、宗介への気持ちは変わらない。それをどう伝えればいいのか。
宗介の立つ時計台に到着した美琴の目に、衝撃的な光景が飛び込んできた。ずぶ濡れの宗介を見かねたのか、達也が1本の傘を宗介と分け合っていた。
「美琴!」
美琴を呼んだのは達也だった。
──サイアクッ!
「美琴、この人がずぶ濡れでさぁ──」
達也が美琴に手を差し出す。その手が触れる。気づけばその手を振り払い、大声で叫んでいた。
「達也くん、ごめん! その人、私の元カレなんだ。で、やっぱり私、彼のこと忘れられそうにないから、彼に戻ることにした! 今までありがとう! そして、ごめんなさい!」
達也は隣のずぶ濡れ男を二度見した。
「えっ。そうなんだ──」
「ほんとに、ごめんなさい!」
宗介は事態が飲み込めず、目を丸くしている。
達也は、「なるほどね」と何度も呟きながら、ゆっくりと身体の向きを変えた。脱力した様子の達也は、そのまま一歩を踏み出した。
「彼氏さん。また、美琴さんを手放すようなことがあったら、その時は僕が奪いますんで」
そう言い残し、達也は駅の方向へと歩き出した。
「全部、宗介のせい!」
美琴の傘を強く打つ雨粒。再びずぶ濡れになる宗介。
「バカッ!」
「ごめん」
弱々しい足取りで美琴のそばに寄る宗介。
「傘、入っていい?」
「うん」
美琴の持つ傘に宗介が潜り込む。宗介は傘の手元を握る。美琴は手を離す。やっぱりこの傘に守られているのが一番落ち着く。
アイカサ。
美琴は宗介の肩に頭を寄せる。びしょ濡れのTシャツ。それでも気にしない。
歩き出そうとしたとき、宗介のスマホの着信音が鳴った。
「ん? 知らない番号だ」
「誰?」
「あっ!」
大学を卒業し、お互い別々の道を歩みはじめた。夢を追う宗介。会社員としての日々を過ごす美琴。美琴への劣等感が、別れを切り出すきっかけになったそうだ。
別れたのはいいものの、あまりの寂しさに、宗介はシェアリングの傘に電話番号を括りまくった。なんとその数、300本近く。さっき美琴が手にした傘に、宗介の電話番号が括り付けられていたのも頷ける。
「ねぇ。もしかして、電話、鳴り止まないんじゃないの?」
「そうかも」
「宗介って、ほんとバカだよ!」
自然と居酒屋へ向かっていた二人の足取りは、携帯ショップへと変更された。
「とりあえず、電話番号を変えなさい」
「はい」
足早に駅へと向かう人の群れ。美琴はもう一度、宗介の肩に頭を寄せた。

GuX^ V[gV[giJ