営業

営業マンの島田は、得意先の男と共に会議室に入ると室内の電気を消した。

ガラス張りの会議室の外には、社員たちが一同に集まる。

「さて、今回の商談についてですが──」

会議室から島田の落ち着いた声が漏れる。

部長の吉川は言った。

「お前たち、よく見ておけよ。あれが我が社で有名な島田の闇営業だ」

GuX^ V[gV[giJ