ひとり暮らし

彼は実家を離れ、ひとり暮らしをはじめた。

自由に生きてみたかった。

ひとりで暮らすには広々とした生活。

誰からも干渉されることがない。

人間関係にも疲れていた彼は、アクセスがとても不便な場所を選んだ。

「ひとりは最高だな」

彼がひとり暮らしに選んだ場所は、未だ発見すらされていない惑星だった。

GuX^ V[gV[giJ