干ばつ

干ばつに悩むある国に、行商人の男が訪れた。

彼は人々に傘を差し出し説いた。

「これはファッションのために持つものだ」

見たこともないカラフルな道具に、人々は歓喜し傘を広げた。

ある日、雨乞いの祈りが天に届き、大雨が降ってきた。

人々は泣いて喜び、一斉に傘を投げ捨て、恵みの雨を身体に浴びた。

GuX^ V[gV[giJ