僕は死んだら星になって、キラキラ輝くあの星の隣で輝きたいんだ。

それが彼の夢でした。

みんなは彼の夢を叶えるために空の工事を進めました。

空を見上げる子どもたちの目には今、新しく輝く星の姿が。

町のみんなに愛されたプラネタリウムの館長は、夢が叶ったことを知ると、静かに息を引き取りました。

GuX^ V[gV[giJ