現代の希薄な人間関係

飲み会が終わり、ホロ酔いで家路についた真希。

駅を出てからずっと、背後に人の気配を感じる。
どこまでもつきまとう足音。

マンションに着き、オートロックを開けると、背後から人影が迫ってきた。
あまりの恐怖に悲鳴をあげる真希。

「来ないでよ! 誰ですか!? 警察呼びますよ!」

「隣人の者ですが──」

GuX^ V[gV[giJ