退化

男は四つん這いになり泣き喚いた。

「博士、これが現実です。我々人類は脳のAIに学習のすべてを委ねた結果、システムにバグが生じると──」

「ただの赤ん坊に戻るのだな」

助手はあるプログラムを作動させた。

「ん?」

博士が赤ん坊のように泣きはじめた。

「あなたの功績は、すべて私がいただきますね」

GuX^ V[gV[giJ